散骨をするときに気をつけたいマナーについて

死生観の多様化や少子高齢化の影響で、近年は従来の墓地に建てたお墓に埋葬するのではなく、粉砕した骨を海や山などに撒く「散骨」を希望する人が増えています。


現時点で散骨そのものを取り締まる法律は存在していないので、遺骨・遺灰を海や山に撒くことは一定の節度を守って行えば、死体遺棄罪のような刑罰に処されることはないとされています。
とはいえ、無分別に遺骨を撒いてしまうと他人に迷惑になってしまうおそれがあるので、一定のルールやマナーを厳守して行なうのがよいでしょう。



まず、散骨をするときには火葬後の遺骨を必ず細かく粉砕して粉末状にするのがルールとなってい粉末状にした遺骨は移動の際に見られてもわからないように、外観で骨壷とわかるような容器にいれないで運ぶようにします。

真剣にYahoo!知恵袋情報ならこちらをご利用ください。

現在では火葬後の遺骨を引き取って粉砕し、それを袋詰めして木箱に入れて届けてくれるサービスを提供する業者もあるので、こうした業者を利用するのがお勧めです。一方、遺骨を粉末状にしたらそれを山や海などに撒くだけですが、海水浴場や漁業区域の近くに撒いたり、民家の近くの土地や他人の所有する土地に撒いたりするのはマナー違反となるので注意が必要です。

そう考えると、ほとんどの場所で遺骨を撒くのはマナー違反ということになるわけですが、船で沖に出て撒いたり、持ち主の許可を得た山などに撒いたりすることは可能です。

埼玉の散骨情報をご紹介いたします。

なお、現在では遺骨の粉砕から散骨可能な場所の手配までをすべて請け負ってくれる業者もあるので、こうした業者に相談してルールを守って散骨するのが安心です。