終活を考える 永代供養という選択肢

少子化、核家族化が一般的になった現代、これまでの「家」の概念が大きく変化し、お墓の守り方や先祖の祀り方に直接的な影響を与えています。

子どもたちが独立しそれぞれの家庭を持っていて、家を継ぐ者がいない。お墓のことで子どもたちに迷惑をかけたくない。実家が遠方のため、お墓参りができない。
このような悩みをお持ちでしたら、永代供養という選択肢を検討なさることをお勧めします。

BIGLOBEニュースの情報を今すぐ確認できます。

永代供養とは、十三回忌、三十三回忌、五十回忌など仏教で重要な供養を長い年月にわたりお寺が責任を持って供養してくれるというものです。

さまざまな事情でこれらの供養を適切に行うことが困難であるなら、信頼できるお寺に永代供養をお願いするのが良いでしょう。

ご先祖様が無縁仏になることは無く、春と秋のお彼岸、お盆、祥月命日、回忌供養などをお寺が執り行ってくれます。



永代供養というと見ず知らずの人たちと一緒に埋葬される合祀だと思われる方が多いようですが、それは正しくはありません。

もちろん、合祀も納骨方法のひとつですが、五十回忌までは個別の骨壺に安置してその後合祀する方法や、分骨して一部を永代供養に安置して残りを合祀するという選択肢もあり、その内容や費用はお寺によって異なります。



どのような方法があるのか、お寺にご相談なさることをお勧めします。

自分が旅立った後に子どもや周りの人たちに迷惑をかけたくないとお考えなら、ご自身の意志を明確にしてはいかがでしょう。
悩みや不安を一つ一つ整理して、心やすらかに毎日をお過ごしになれるはずです。