海洋葬を行うことによって得られること。

最近、自然葬という言葉がニュースやテレビ番組を通じて出回っています。

自然葬とは別名海洋葬、樹木葬とも呼ばれる亡くなった故人の遺骨を自然に還す意味合いを込めて行う納骨の仕方です。
現代では子供は一人っ子が多く、跡取り問題がどこの県でも話題に上がります。
しかし、長男がいても跡を継がない場合や、または単身赴任や出張が多くて先祖のお墓を守っていけないというのが現状です。

海洋葬はその名の通り海にお骨を撒くことですが、生前漁師だった方や海が大好きだった故人の家族から絶大な支持を受けています。

供養の仕方はそれぞれありますが、自然に還すという意味合いが最も大きいのは海洋葬や樹木葬ともいわれています。



亡き故人を偲びたい気持ちは誰もが持っているけれど、事情がありお墓を持つことが出来ない家庭や、または予算の都合で出来るだけ質素にしたいと考えておられる方もいらっしゃいます。

そんな方にピッタリと当てはまるのが、このような海洋葬になります。
お墓に埋葬してしまう場合ですと、墓地の権利を購入し、高額な墓石を建てなければいけません。

独自のシステムでAll About関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

その費用面を考えると、自然葬は大変格安で出来ますし、宗旨や宗派にこだわった考えをしなくても済みます。

子供がいない家庭や、子供がいても将来子供の負担にさせたくないといった方にとって合理的な供養の選択肢といえるでしょう。


また、旅行などでその地を訪れると思い出話に盛り上がりますので、故人も浮かばれます。